全日本空輸の国内線でANA自慢のプレミアムクラスを楽しむ

今年の旅行の一部を妹としていたら、妹にもかなりPPが。妹はANAカードを持ってなかったのですがこれを機に発行→ANAグループ15,000PP未満ですが審査通過後2日でブロンズに変わりました。折角なので残りの一部は妹と旅行がてら飛んで、私が10万達成と同時に妹はPLT達成になりそうです😊 pic.twitter.com/ZizT6ChjbQ

— かり (@monzae3) 2018年10月4日

ANAの国内線は広島にとって欠かせないもの

その後、少し小腹がすいたので軽食をお願いしました。
カニとたまごのスープでした。
カニの風味を楽しめるスープでおいしかったです。
広島空港へはほぼ定刻での到着になるとのアナウンスがありました。
広島空港は広島と言いながら広島市内からはかなり離れている場所にあります。
スムーズに着陸してゲートに到着するとプレミアムクラスを利用している人から降機となります。
私は特に荷物も預けていなかったのでそのまま到着口へと向かいました。
ここから広島駅まで向かう行程なのですが、広島空港へ直接バスで向かう方法が第一選択肢です。
バスも航空機のダイヤに合わせて設定されていて、本数も多く便利です。
もう一つの方法は広島空港の最寄り駅であるJR白市駅までバスで向かい、そこから鉄道を利用するという方法です。
所要時間のことや乗り換えのことを考えて広島駅まで向かうバスを選びました。
ただ、これだけ広島市内から離れていても多くの利用客があるということはANA国内線が欠かせないものになっていると感じました。

ANAで那覇から広島へ | 機内販売にはANAカードの利用がおすすめ | ANAの国内線は広島にとって欠かせないもの